コンテンツ

 

従業員満足度とは

現在、世界は未曾有の不況に突入しています。
日本もその色が濃く、リーマンショック以降の株式市場の沈滞、そして物価の上昇と賃金の減少による経済的沈滞により、今の日本は沈没寸前と言っても良い状況かもしれません。
それはほとんどの企業にとって、深刻な問題となっています。

そして、こういう時に各企業が頭を悩ませる問題と言えば、人件費の問題です。
どうしても動かせない費用がごまんとある中、それらの費用が上昇した場合、企業を持続させる為に削るのは、当然動かせる費用という事になります。
その筆頭が、人件費である事は明白です。
諸雑費の節約も重要ですが、限界はあります。
ほとんどの企業は、人件費を削る事で存命を図っているのが現状です。

人件費削除には、給料削減、ボーナスカット、リストラといった方法があります。
これによって確かに、費用はいくらか浮くでしょう。
ですが、必ずしもこの方法で企業は生き延びる事ができるかというと、そうとは限りません。
なぜなら、こういった人件費削減は、従業員満足度に大きな影響を与えるからです。

従業員満足度とは、従業員がその会社にどれだけ満足しているか、という事をアンケートなどで統計を取り、得た結果です。
英語では「Employee Satisfaction:ES」と表記されます。
従業員満足度を向上させる事で、会社全体のモチベーションも上昇し、より結束力が高まります。
逆に言えば、この従業員満足度が低い企業は、一向にモチベーションが上がらず、顧客へのサービスの質も低下しがちです。
ESの向上なくして、業績の向上はありません。